オンラインセミナーは教育現場でも活用できる

ウーマン

継続すること

ネット

システム保守の注意事項

企業には、データベースサーバーやWEBサーバーやストレージといったハードウェアやその筐体上で動作するアプリケーション等のソフトウェアがあります。通常、システム保守料金は、ハードウェアの15%、ソフトウェアのライセンス費用の20%というのが一般的な費用体系になっています。最も注意すべき点は、システム保守は基本、購入した時点から保守契約を締結する必要があります。例えば、保守契約を締結していない期間があり、ある時点で保守契約をしたいとメーカーに依頼したら、締結していない空白期間のシステム保守料金を支払わなければ、システム保守契約を締結できないというルールを設けているメーカーが多いです。無駄な経費を出さないためにも、きちんと継続して保守契約を結ぶことが大切です。

システム毎の保守メニューの確立

システム構築メーカーにシステム保守を依頼するというのが一般的ですが、インターネットでシステム構築メーカー以外の第三者企業にもシステム保守を依頼・比較できる環境が整っています。インターネットで、一括保守依頼・比較するという方法もその一つです。その場合、価格を低価格に抑えたい、市販ソフトウェアの管理から自社で構築した自社システムまでトータルサポートしてもらことがあります。また、ハードウェアのみ24時間365日サポートしてもらうというように、独自の要望を伝えて、システム保守が可能な第三者企業がエントリーし、その複数の企業で比較するという仕組みになっています。その後、エントリー企業と実際の詳細な仕様確認、複数企業間で価格を比較し、最終的に1社のメーカーと保守契約を締結します。この方法で、システム毎の重要度にあった保守メニュー・保守体系を確立する事が可能です。