オンラインセミナーは教育現場でも活用できる

ウーマン

ますます身近に

オフィス

授業支援ソフトの導入による効率アップ

近年タブレットやスマートフォンの利用者が増えてきています。学校などでもタブレットを使用して授業を行うなど度々テレビでピックアップされているのを見かけます。こういったタブレットやスマートフォンを利用した授業支援のソフトがあります。授業支援のソフトの具体的な利用方法はインターネットを利用した教材の配布や小テストの実施などが可能です。現在では主に大学を中心にこういった授業支援のソフトが多く利用されてきています。最初の授業支援の形はパソコンからでしたが、タブレットなどの軽量の形が流通してから利用する大学施設などが増加してきています。ソフト使用により教授や生徒の授業の効率が、大幅に増加する事から今後期待されています。

具体的なソフト内容と対象の学年

授業支援のソフト機能は様々ですが、利用する学校のニーズにあったソフトを選択する事が一番です。授業支援ソフトを利用していることが、入学希望の動機になる事もあります。生徒の使い満足度は非常に高く聞き逃した授業もソフトに記録されているので、復讐する際には効率よく学習することができます。テストの採点も迅速なので先生の効率アップにもつながりより良い授業展開が期待できます。具体的なソフト内容の一例としてフラッシュ教材、デジタル教材、タブレット対応、画像転送システムなど機能は数多く存在します。小学、中学校〜高校、大学まで対象学年も様々で幅広く使用する事ができます。今後はタブレットやスマートフォンで授業内容を逃しがなくかつ書いて覚える、と両方を兼ね備えることにより学習能力のアップが期待できます。